脇の臭いの原因と対策|脇汗が止まらない中年男性にもおすすめしたいケア

脇の臭いの原因

脇の臭いは「汗腺」からの汗の分泌によるもの。臭いの原因となる汗腺は大きく2つあります。

  1. エクリン汗腺
  2. アポクリン汗腺

エクリン汗腺は全身に分布しており、手のひらや足の裏に多いと言われています。緊張などにより発汗しやすい汗腺ですが、出てくる汗自体に臭いはありません。手汗をかいた時に手のひらが臭うことは無いことからもご理解いただけるかと思います。
ただし、発汗した時点では無臭であっても、その後雑菌が増殖・繁殖してしまうと強烈な臭いを発する原因となります。日中に洗うこと、靴下を変えることが困難な足の裏などが臭うのはこれが原因となります。

一方アポクリン汗腺には、全身ではなく体の特定部位に存在する汗腺です。脇や乳首、陰部などが主たる場所です。粘り気のある白色のような汗が出てきますが、そこに細菌が発生することにより強烈な臭いを発します。脇の臭いが強い人はこのアポクリン汗腺の働きが強いといわれ、その強弱は遺伝によるものが強いと考えられています。

脇の臭いの対策と予防法

上述のとおり、脇の臭いの原因は汗が発生する→細菌・雑菌が繁殖して臭いを放つことにあります。
この対策方法としてベストなのは「汗を発生させない」ことに尽きます。
細菌や雑菌繁殖の温床となる脇汗を抑制すれば、臭いが発生することはなくなります。これは市販のデオドランドで臭いをごまかすことや、こまめに気になる部位を洗浄することよりずっと効果的です。

脇の発汗を抑えるには

臭いの原因を元から断つには脇汗をかかないことが重要。脇汗を予防する手段としては、パースピレックス(Perspirex)を使用することが絶対のおすすめです

パースピレックスはデンマークのデオドランドです。この商品はアポクリン汗腺に浸透し、汗腺に蓋をしてしまう効果があります。散布後は2〜3日制汗の効果が続き、脇汗をかかないことから臭いに悩むことが無くなります。

この商品の効果は絶大ですが、まがい物も多く流通しており、正規品を見極めて購入することを強くおすすめします決して安い商品ではないので、購入に失敗しないようご注意ください。