肌の劣化を防ぐための7つのヒント|中年男性もスキンケアで老化を予防しよう

老化は遺伝とライフスタイルに影響する

皮膚の老化は内因性と外因性の2つの要因によって引き起こされています。
内因性とは遺伝のことであり、変えることはできない要因です。一方、外因性とは紫外線によるダメージや生活習慣などが原因となるものであり、環境の改善による努力により効果を上げられるものです。
したがって生活習慣を変え外因性の要因を取り除くことで、老化をできるだけ遅くすることができます。

肌の老化を遅らせる7つのTips

紫外線を避ける

紫外線は肌のエラスチンとコラーゲンを分解することで、褐色への変色と菲薄化を引き起こし、最終的にはしわの原因となります。直射日光へ肌を過度にさらすことは避けるか、男性も積極的に日焼け止めを使用する必要があります。

飲酒と喫煙を減らす

アルコールは脱水症状を引き起こすため、水分量の低下が肌にダメージを負わせる可能性があります。喫煙は肌から酸素を奪ってしまい、有害な活性酵素やフリーラジカルが発生してしまうことで、しわやくすみの原因となります。

低血糖食をとる

砂糖を大量に含んでいるお菓子や清涼飲料などは老化を促進することが研究で明らかになっています。肉類、魚介類、卵、大豆製品、野菜など糖質の少ない食品をとることを意識する必要があります。

体重を増やさない

脂肪は重いため、体重が増えると頬や顎などの肌が引き伸ばされてしまうため顔が老化していきます。ダイエットに成功した人の大半が若返って見える経験がこれを示しています。

ストレスのコントロール

ストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールが高いレベルにあると、メタボリックシンドロームの発生原因となるほか、肌や臓器へのダメージを与える可能性があります。ストレスの原因を取り除くか、リフレッシュする手段を手に入れる必要があります。

寝る姿勢と枕の改善

うつ伏せや横向きの姿勢で寝ることは、顔のしわの原因となります。また枕が高すぎるなど、体に合ったものを使用していない場合、血液の流れが阻害され、皮膚の酸素量を低下させてしまう可能性があります。適切な枕を使用して、仰向けで眠ることが理想です。

十分な保湿を行う

顔の肌はいつも露出しており、外部の過酷な環境に晒され続けています。乾燥や風などから皮膚を保護するために保湿ケア用品を塗ることを欠かさないようにする必要があります。