おじさんは毛髪と頭皮をケアする正しいシャンプー方法を学ぶこと

若い時は適当なシャンプーをしてもあまり問題はありませんが、私たち中年男性はミドル脂臭という強烈な臭いを出しますし、薄毛対策にも取り組まなくてはなりません。
ヘアケア、頭の臭いケアの基本はシャンプーの方法にあります。正しい洗髪方法を知りましょう。

正しいシャンプーのステップ

シャンプーの流れ

毛髪は日々のケアがとても大切。正しいシャンプーの仕方をするだけで、抜け毛・薄毛の予防やニオイ対策につながります。正しいシャンプーを行うには以下のステップを踏むことが大切です。

  1. ブラッシング
  2. 頭皮を温める
  3. 予備洗い
  4. 本洗い
  5. すすぎ
  6. コンディショナー
  7. 乾燥

ブラッシング

シャンプーの前にブラッシングを行います。ブラッシングにより、髪についたホコリやフケをとるほか髪の絡まりを解消します。このブラッシングには、ゴミを事前にとることで洗浄効果を上げる効果、髪の引っ掛かりを取り除くことによる泡立ちの増加、皮脂や老廃物を浮かせる効果があります。シャンプー前のひと手間が、効果を上げることにつながります。

頭皮を温める

バスルームに入ってすぐにシャンプーを始めることはあまりお薦めできません。銭湯であれば入浴前に洗うことがマナーですが、自宅の場合は湯船に入って体全体を温めてから洗髪を行うことをお薦めします。体や頭皮を温めることによって毛穴が開き、毛穴や頭皮の汚れが落ちやすくなるからです。
10分以上事前に入浴することを推奨します。

予備洗い

シャンプーの前に大切なこと、それはシャンプーをつけずにお湯だけで髪をすすぐ「予備洗い」です。ホコリを取ること、毛穴を開かせ頭皮を柔らかくすることを目的とするものです。
上述の入浴を済ませており毛穴が十分に開いている方でも予洗いはしっかり行いましょう。シャンプーを使わなくても、地肌の汚れの7〜8割は予備洗いだけで取り除くことができます。

本洗い

シャンプーを直接頭頂部にかけることはご法度です。まずは100円玉程度の量を手のひらに出し、両手でできる限り泡立てます。
洗う順番は後頭部または側頭部を先にしてください。頭頂部や前頭部は一番抜け毛が多い場所であり、できる限りシャンプーの刺激を減らすべき場所です。また後頭部は枕の臭いの原因となるような臭い発生ポイントでもありますので、まずは後頭部で泡立てて、しっかり洗っていくようにします。
洗うときに力は不要です。予備洗いで大半の汚れはすでに取れています。指の腹で軽くマッサージするように全体を洗い上げてください。

すすぎ

すすぎも重要なポイントです。泡が取れればOKと簡単に洗い流して終わりにしてしまう人が大多数ですが、シャンプーは想像以上に頭皮に残りやすく、きちんと洗い流せていない可能性があります。しっかり流さないと頭皮の荒れにより、かゆみやフケ発生の原因となります。
シャンプーをしている時間よりも長い時間をかけて洗い流すことが理想です。

コンディショナー

男性はコンディショナーやトリートメントを行わない人も多いですが、これらは髪を保湿したり保護する役割がありますので、できる限り行ったほうが良いでしょう。
ただしコンディショナーやトリートメントが頭皮につくことにより、頭皮の炎症の原因となってしまう可能性もあることから、髪の根本につけないように気をつけ、しっかりと洗い流す必要があります。頭皮の炎症は痒みなどを引き起こし、抜け毛の原因となることから注意が必要です。
ただし、最近は頭皮に塗り込み、頭皮を保湿することを目的としたコンディショナーも多くありますので、使用する製品をしっかりチェックしてみてください。

乾燥

乾燥はタオルドライとドライヤーの使用です。
タオルドライはしっかりを行う必要がありますが、シャカシャカと強く拭かないようにします。タオルの繊維も頭皮を傷つける要因となります。ポンポンと頭皮を優しくあてる感じで、水分を吸収させていくイメージで行ってください。濡れた髪はキューティクルが開いている状態で、傷つきやすい無防備な状態であること知っておいてください。
次にドライヤーの使用です。ドライヤーの熱は頭皮のストレスになりますので、頭皮から約20センチ程度離して使用してください。髪の毛を持ち上げ頭皮を乾かすようなイメージで根本から髪先にかけて乾かしていきます。カラカラになるまで乾かしてしまうと頭皮の荒れの原因となりますので、8〜9割くらい乾かす程度で十分です。
温風で乾かした後は冷風に切り替えます。冷風を当てることで髪の毛にハリとコシを与える効果が期待できます。

髪が濡れた状態、半乾きの状態は頭皮の雑菌の増殖を招きます。せっかく洗ったのに菌をまた増やす温床を用意しては元も子もありません。髪の乾燥は必ず行うようにしましょう。

シャンプーはヘアケアの基礎

シャンプーは髪や頭皮の汚れをきれいに落とし、頭皮環境を整えるものであり、ヘアケアを行う際のベースとなります。正しいやり方をマスターすることで育毛などの効果を上げることが期待できます。
逆に間違ったシャンプーを行っていれば、頭皮環境の悪化を招き、薄毛、臭いの原因にもなりかねません。
面倒かもしれませんが、頭皮と髪を守るため毎日の心掛けも大切です。この記事を参考にしてやり方を改善されることをおすすめします。