伸びた鼻毛はカッターで適切に処理する。毛抜きもワックスも手入れには必要なし。

素晴らしい仕事ぶり、素敵なスーツでいくらキメても、鼻毛1本ですべてが台無しになってしまいます。鼻毛を気にせずに豪快に放出している人も時にはいますが、あなたが気にならなくても他人は気になってしょうがないのです。周りに気を使わせないためにも、あなたの評価を下げないためにも、鼻毛の処理は行いましょう。

鼻毛はなぜ伸びてしまうのか

特に男性は男性ホルモンの影響もあり、長く太い鼻毛になりやすいものです。若いうちは毛の生え変わりが頻繁に行われ、長くなる前に抜け落ち、新しい毛に生まれ変わります。しかしながら年齢を重ねるうちに生え変わりのサイクルが長期化するため、毛が長くなってしまうこととなります。

また、医学的な根拠はありませんが、体毛は基本的に体を守るために存在するものであり、埃っぽい環境にいるときは、ホコリや粉塵、雑菌から体を守ろうと鼻毛が一生懸命伸びるともいわれています。

基本的には鼻毛が伸びやすくなるのは加齢によるところが大きいです。「こんなに長い毛がいつのまに?」と思うようなことが増えた中年男性の方は、日常的なケアが必要といえます。

どのような鼻毛の処理方法があるか

鼻毛を処理する方法は、①カットする、②毛抜きで抜く、③ブラジリアンワックスなどにより処理する、④脱毛するなどの方法があげられます。
しかしながら鼻毛を抜くという行為はおすすめできません。鼻毛は鼻の内部の湿度を保ち、乾燥から守る役目を担うほか、ホコリや雑菌の侵入を防ぐという役割をもっているからです。鼻毛を抜いてしまうことにより内部の粘膜にダメージを与え、鼻炎や炎症の原因となる可能性があります。また、毛穴より雑菌が入り化膿してしまう可能性だってあります。

鼻毛はカットしておけばいい

毛抜きやブラジリアンワックスで一気に抜いてしまいたい気持ちは理解できますが、リスクがあるうえに効果は一時的なものです。新たな毛が生えてくるたびに痛い思いをして毛を抜くのでしょうか。

その必要はないでしょう。鼻毛ケアはカットで十分と考えます。耳掃除のように日常のルーティンワークとして簡単な鼻毛カットを行って行けばよいのです。
ハサミによるカットは時間的効率が悪く、テクニックも要求されます。鼻毛カッター(トリマー)を使用すれば1分もかからずにケア可能です。価格もそこまで高いものではありませんので、男性ならば1台は持っておくべきケア商品です。