中年の臭いは嫌われる?ミドル脂臭の特徴を理解し対策を行おう。

「ミドル脂臭」の特徴

ミドル脂臭とは

ミドル脂臭というのは、某化粧品メーカーが名付けたにおいのことであり、30代から40代までの人から発せられる強い臭いのことで、使い古した油のような臭いがします。この臭いは主に後頭部やうなじ、そして頭頂部から発生し、空気中に広がりやすく少量でも臭う特徴があります。

発生する原因

①頭皮に存在する常在細菌が皮脂を餌として代謝・分解し、中鎖脂肪酸を排出します。
②エクリン汗腺から出た汗に含まれる乳酸を、ブドウ球菌と呼ばれる常在細菌が餌として代謝・分解し、ジアセチルという物質を排出します。
③ジアセチル単体でも不快な臭いを発しますが、①の中性脂肪酸と混ざることで強烈な臭いを発するミドル脂臭が出来上がります。

なぜミドル世代に発生するのか

このミドル脂臭は、なぜミドル世代に発生するのでしょうか。
40歳を超えたあたりから、男性がよく発汗する場所が、脇から首や後頭部あたりへ変化していくことが主な理由と考えられます。また、40代になると頭の皮脂が粘り気のあるものに変化していくことを要因となります。
そのほか、ミドル脂臭の原因となるジアセチルは汗からでる乳酸(疲労成分)を分解することで発生しするため、中間管理職の多いミドル世代は多くの疲労とストレスを抱えていることにより、この乳酸蓄積が多くなることも原因のひとつと考えられます。

汗臭さや加齢臭より強烈なにおい

ミドル脂臭のニオイは強烈です。10代〜20代は汗臭さ、50代以上は加齢臭といわれますが、これらの比にならない臭いです。この臭いは特に女性には強い不快感を与えますので、世の中のおじさんは臭いと嫌われているのです。
ミドル世代が美容に気をつけるのであれば、最優先でミドル脂臭対策を行う必要があります。

ミドル脂臭ケアのポイント

ストレスを解消する

ミドル脂臭は疲労物質である乳酸を餌として作られるため、まずはストレスを溜めないこと、ストレスを解消することが一番です。風呂はシャワーで済ませずに浴槽への入浴をしっかりすること、適度な運動により良い汗をかきリフレッシュすることが大切です。心に余裕のない状態で過ごしてしまえば、それに連動して体の臭いも強くなっていくのです。リラックスできる何かを見つけるべきでしょう。

適切なシャンプーを選ぶ

ミドル脂臭を防ぐための正しいシャンプー選びをしましょう。
ミドル脂臭の原因となるジアセチルを発生させる菌(ブドウ球菌)を殺菌する成分が含まれたシャンプーを選択します。また、40代男性特有の粘り気のある頭の皮脂を効果的に洗い流せる高い洗浄力をもったシャンプーを選ぶことも重要です。

市販されており、手に入りやすいおすすめのシャンプーはルシードのシリーズです。
ルシードは40才からのニオイケア製品に力を入れています。一般的な汗臭からミドル脂臭などの汗のニオイとニオイの元となる頭皮脂も除去できる製品です。是非一度試してみてはいかかでしょうか。

ルシード 薬用スカルプデオシャンプー(450mL)【ルシード(LUCIDO)】
価格:1369円(税込、送料別) (2019/1/16時点)